id="hpb-template-01-04-01" class="hpb-layoutset-02">
本文へスキップ

トレンド ワーク システムはソフトウェアーを通してオフィス環境を支援する会社です。

TEL. 0564-46-4027

〒444-3173 愛知県岡崎市滝町外浦176

マクロ(VBA)(VB)作成代行NEWS&FAQ

マクロ(VBA)(VB)でエクセル・アクセスをより効率的に使いませんか

エクセルマクロとはマイクロソフト社のOffice製品に組み込まれている専用のプログラム言語を指し、操作手順をマクロで行い、手段として使う言語をBVA(Visual Basic Application)と呼んでいますが、一般的にはマクロ=VBAと思われています。

マクロとVBAの違いを簡単に説明しますと「マクロ」は記録と解釈します。
したがってエクセル上で「ツール⇛マクロ⇛新しいマクロの記録」で誰でも簡単にプログラミングが可能です。 (プログラム言語に頼らず、エクセルの操作/入力手順を記録することによってプログラムを完成させる)

一方「VBA」では記録に頼らずプログラム言語のみでプログラムを完成すると言う事です。

  「簡単なマクロを組んでみます」

確かに「マクロ」にせよ「VBA」にせよ簡単なものであれば殆ど同じプログラムに仕上がりますが、多くのデータが存在する会社等では「マクロ/記録」のみでのプログラミングでは残念ながら対処することはできません。
仮にできたとしても、途中で一部変更したり、又は変更途中でプログラムを壊したりすれば、新たにコーディングしなければならなくなり、結果的には専門部署を増やしたりで経費の無駄遣いとなります。

「マクロ」と「VBA」の利点と欠点…まとめ

★マクロ
 利点・・・専門知識が必要なく誰でも簡単にプログラミングが出来る。
 欠点・・・機械的に記録するため、手順を1度でも間違えば初めからやり直しが必要。

★VB,VBA
 利点・・・複雑な作業をこなせる。
 欠点・・・専門的知識が必要。


マクロ(VBA)(VB)を使えばExcel(エクセル)やAccess(アクセス)の様々な作業を自動化させる事や、専用ソフト(親機)から各部署で必要なデータを抽出し加工することもでき、仕事の効率化を図れます。


トレンド ワーク システムではこのようなご要望にお答えしてきました。
    (マクロ(VBA)(VB)のみで専用ソフトは載せていません)



マクロ(VBA)(VB)では幅広い拡張性とほぼ全ての事務的作業をオートメーション化でき効率化を図り、ひいては経費節減となります。


御社におかれましても早期に導入されることをご提案申し上げます。




お問合せから運用までの流れ

STEP1・・・お問合せ(無料)
お電話・メール、からご相談頂けます。
まずはお気軽にお問合せ下さい。

STEP2・・・使用確認等の打ち合わせ(無料)
ご要望をお伺いした上で、仕様の提案・決定を行います。

STEP3・・・お見積りの提示(無料)
お客様と打ち合わせを元に、お見積りを提出させて頂きます。

STEP4・・・受注

STEP5・・・開発
作成(試作品提出)

STEP6・・・修正
テスト的に使って頂き、不具合箇所があれば修正を行います。

STEP7・・・納品
完成品納品

STEP8・・・お客様確認
その後の不具合等の確認をして頂きます。
                              
STEP9・・・全てにご要望通りなら料金をお支払いください。














バナースペース

トレンド ワーク システム

〒444-3173
愛知県岡崎市滝町外浦176

■TEL
0564-46-4027
■E-mall support-one@trend-system.net  
■海外分室 
Rue d'artois 62790 leforest FRANCE

愛知県内、三河、安城市、刈谷市、豊田市、西尾市、名古屋市
特別業務拡張中


■私のお勧めのリフォーム会社です。(全国対応)
■住友不動産㈱協力会社です。■塗装・雨漏り・リフォーム。
■素晴らしい仕事が出来ます。

任せて安心